【 自分らしい生き方! 】2⃣

  • 2013.09.11 Wednesday
  • 18:09


宇宙本体とつながっている 魂の中心である本心は 

「この地球に生まれて来た目的は何か」

「目の前の現象の深い意味」を

目の前の対象や体験を通して 直観的に知ります 


叡智と慈悲で表現され 本当の自分である「本心」を掘る道具として 

動物としての肉体に入っている人間は 

まず「社会的に生きていくための「人間関係」があり

「食べていくための仕事」が与えられています


成長・進化のためには 

まず仕事を通して『集中力』を養っていきます


人との深い関わりを通して 

「自分という人間は何者か?」を知っていきます


相手や社会にとって必要な 創造表現(自己表現)を通して 

本当に人様のお役に立てる人財に成長していきます


心(意識)を掘り起こして 開発していく道具として与えられている 

目の前に起きる事柄は エゴのこんな事は好きだ こんな事は嫌いだとか 

この事はやりたいことだ これはしたくない事だ・・を超えて

自分の成長に必要なテーマとなるものです


起きてくる問題や課題を テーマに変えて 

「自分にとっての意味」を一つ見つけて 

一つ一つ丁寧に 「真髄をつかむまで」

本気で徹底的に取り組んでいきます


真髄というものは 

物事に本気で取り組み続けて行かなければ掴めないものです


今している仕事の真髄を掴めれば 

おのずから次の出会いのステージに運ばれて行きます


人様のお役に立てるほどの価値を生み出せる 

集中のレベルをクリアーすると 集中よりも深い意識レベルを開発するための

「瞑想」という段階を体験していきます



自我意識は 心そのものが外部の現象にばかリ向いて 

魂までも現象に乗っ取られています


その心の目が 全てを生み出している原因である内部に向くようになると 

「自分が生まれて来た目的」や「すべての存在の意義」や「宇宙の仕組み」

大元を知りたくなります


他の人と出会って話しをしている時にも 

そこには その人の過去も未来も今現在も 

その人の人生の全てが現われています 


この様に目に見えるものと 目に見えない原因

言葉で伝えている事と その言葉の奥にある意図・真意が

洞察・察知できるようになります


心の目が外部に向いている時の行為は 結果的に間違いが多く

心の目が内部の原因を察知できるようになって 初めて 

一つ一つの体験が積み上げとなっていきます



最終段階として 宇宙本体の摂理の世界との一体感である「三昧状態」へと進みます

外部への創造表現の質も 時代を超えて残る普遍的な要素が濃くなっていきます


仕事も 食べるためではなく 時代進化や人の成長の役に立つ内容に成熟し 

仕事をすること自体が成長であり 生きている喜びとなります

お金も 必要に応じて入ってくる「生かされている」境涯になります


「動物としての肉体」に入っている 魂(本心)の存在である人間は 

いのち(魂)は永遠で 無限に成長・進化を遂げていく存在です


地球人生では 

「集中」⇒「瞑想」⇒「三昧」と成長し意識進化を遂げていきます


最終的には 宇宙本体の叡智と慈悲の存在に溶け込んでいき

次の進化の流れに入っていきます




【 なぜ地球に生まれてきたの! 】1⃣につづきます

スポンサーサイト

  • 2018.08.17 Friday
  • 18:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM