スポンサーサイト

  • 2019.05.02 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『二つは一つで、三つ!』

    • 2018.08.16 Thursday
    • 13:34

    地球のすべては、対極の二元で表現される現象世界です。

    陰と陽・プラスとマイナス・正と負・男性と女性・作用と反作用(逆説=パラドックス)・上手く行く事と上手く行かない事・上と下・不幸と幸福…すべて二つの対極は一つのリズムとして構成・完結します。

    陰の体験が先で、また自分から出たものが自分に返って来るだけです。


    例えば、陰の体験が先で、陽の体験がその後です。

    「陰が極まれな陽に転ず」と云われている所以です。

    二元の「体験を通して」、知識は腹に落ちて知恵となって身につき、成長・進化・拡大しています。


    20世紀までの無意識の「外部依存の未熟な時代」から、21世紀からは「内部の自己確立の時代」を迎えています。

    この「外部」と「内部」の二つも、一つのリズムです。

    主体を確立できた自立した人たちは、共に協力して一人では出来ない創造表現内容を通して新しい時代を謳歌します。

              ☆

    部分は、全体の一部であり、全体は、いろんなすべての部分を含み、世界は時々刻々と変化しでいます。

    人は、宇宙本体の一部であり、宇宙全体と連動しています。

    天災や地災も人の深い心と連動しており、古いエネルギー波動の因習を打破・清算するために地震や災害、災難と呼ばれている現象を呼び寄せています。


    災害や事故に遭って命が助かる人と、尊い犠牲になる人との違いがあります。

    助かった人は、まだ役割り・使命が完了していない人です。

    尊い犠牲(負の体験)を引き受けた人は、次の新しい役割を担っていく人です。


    宇宙本体の意志、存在に間違いや差別はなく、それぞれの魂の自由選択を尊重しながら、全体の包容とバランスを保っています。

              ☆

    二つで一つであり、三つでもあります。

    例えば、人は男性と女性の性別があり、この二つは人間という共通の存在でもあります。

    地球人生の最終目的地も、男性の性質の「主体の確立」と、女性の性質の「愛情体」の獲得された、自我を真我に昇華・転換して一元感覚に至る成熟をすることです!

    男性の性質と女性の性質と中庸の人間としての三つの体験を楽しむことが出来ます!

              ☆

    色にもいろんな色という個性の意味があって、混ぜると全てを含む白色になります。

    音も「オーム」は原子音と云われる真言・マントラで、『普遍の本質』や『純粋の意識』と表現されます。


    鼻から空気が抜けるムの「うーん」の響きは「阿吽(あうん・呼吸の吸うと吐く)真言マントラの1つです。

    悉曇文字(しったんもじ・梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされています。

    「阿吽の呼吸(二人以上で一緒に物事を行うときの、互いの微妙な気持ち。またそれが一致する)」

    宇宙のほかにも、前者を真実や求道心に、後者を智慧や涅槃にたとえる場合もあります。

    全ての修行や道と名のつく実践・行為には、深い呼吸が必須とされているのは、空気の中に酸素やプラーナ(気・元気の元の宇宙エネルギー)があるからです。

    人も5分、呼吸をしなければ死んでしまいます。

              ☆

    個別性と普遍性も二つでありながら一つとして表現されます。

    一人一人の独自性と同時に、全人類の、全宇宙の生きとし生けるもののすべてを土台として内部に持っています。

    情報は、客観的事実と、情報発信者の意図である願いや人間性が含まれています。

    無意識に選択している情報や表現内容はその人自身を表しています。


    情報だけでなく、人間関係や環境もその人自身と言っても過言ではありません。

    私達は、体験をしてみて、発信してみて、その事をフィードバックして学んで卒業して成熟していきます。

    その事を選択した時と、体験した後とでは認識は違ってきます。

    自分自身を含む、宇宙のすべては、時々刻々と変化し成長進化しています。

    それで人は、生きているだけで宇宙の進化に貢献しているのです。

              ☆

    ただ自我意識のエゴに心をつけている心の狭い未熟さは、普遍的な真理・真実が好きではありません。

    誰もが持っている宇宙本体と一つにつながっている魂の中心では人生の目的を知っているのですが、動物肉体として母の胎に入る時に器に合わせて忘れるのです。

    目の前で困っている人や川で溺れている人を見たりと、突発的な出来事や緊急の場面に出合うと、この忘れていた本心・良心が自然に発動して、思わぬ力を発揮して目ざめてゆきます。


    子供の頃は、生まれた時代や環境に慣れ、成長する段階で自我に目覚め、使命・役割り・願いを思い出すために逆境としての体験をします。

    例えば、貧乏や愛情不足の環境を通して、豊かさや愛情の大切さを痛感したり、過去世・前世での獲得形質である才能を磨き出す出会いの体験をします。



              ☆

    男性の陽と女性の陰が協力することが出来れば、最高の仕事や環境が創造され人が育ちます。

    色んな体験を通して、魂は目ざめて、自己内部の男性の性質と女性の性質は開花していきます。

    最終的には、一人の人間の中で、陰陽の女性の性質の愛情と、男性の性質の主体性のバランスのとれた地球人として完結します。

    ここまで来ると、生きることの楽しさや喜び、生存の意味が体感できて、外部は、この事実に気づくための貴重な道具に過ぎず、外部に依存して、騙されたり、利用されたり、翻弄されることは、成長のためのキッカケであったと知ります。

    これからは、自己内部で完了し、この内部で完結した人間たちが作り出す世界が楽しみです!

             ☆  ☆

    野ブドウとブルベリーは焼酎漬けです。
    花友に送って頂いた15本の色んな種類のトマトがよく育って、トマト三昧です。
    子供の頃はトマト大好きから、ミカン大好きに変わり、大人になってからはリンゴ大好きに変わり、今またトマト好きです。

    野菜を育てるのは上手ではありませんが、近所で頂いた枝豆やキューリ、ナスやサトイモは、それなりに育っています。
    無農薬で化学肥料は使わないのですが、落ち葉や草、木灰とEМのお蔭で虫はあまり寄って来ず、太陽と雨水に育ててもらっています。

    スポンサーサイト

    • 2019.05.02 Thursday
    • 13:34
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM