【 人生の曲がり角! 】

  • 2016.08.01 Monday
  • 06:00

宇宙の 進化の流れが ゆっくりの時代には
それに即応して 人生の一つのテーマ・課題
・役割りを成し遂げるために 何生涯も掛け
てきました

今の時代は 一生涯の内に『転換期・人生の
曲がり角』を 何度か体験しながら

『地球人生の存在意義に気づき 次に進んで 
人生の冒険を満喫する人』が増えてきます

智慧のある人と無知な人 豊かな人と貧しい人
志のある人と欲望に生きる人 これらの格差は 
ますます大きく開いてきます

戦争をして奪い合う人たちもあれば 一部では
「全ての原因体に意識感覚を向け」

生まれて来た目的 役割を 内部葛藤を通して
浄化・昇華して 果たす人もおられます

地球を含む宇宙全体の 進化の波が速くなって
おり 字類も 全体の底上げが進んでいます

            ☆

勇気をもって 目の前の課題に 果敢に挑戦し
変化を受け入れていけば「人生の曲がり角」を
曲がるたびに

『深遠な宇宙摂理の働き』に気づいていきます

と言いましても「食べて寝て仕事をする」基本
の生活スタイルは 何も変わりません

ただ質が 内実の意識感覚が変わるので 多様
な生き方が展開されていきます!

食べるための苦役・労働感が 自分磨きのため
の貴重な道具 仕事だったと認識が変わります




            ☆
 
転職をしたり 離婚をしたり 恋人と別れたり 
転勤や転居 配置転換やいじめ 悔しく恥ずか
しい思い 絶望体験も 一つの転機です

離婚や転職を何度も繰り返すのは 結婚や仕事
の意味している事が 腹に落ちるためであり 

転居や旅行は 内部の安住地に至る前振りで 
「人生の目的地」への 貴重な一歩です!

            ☆

何度かの曲がり角・転機を体験して 少しずつ
人生の意味が理解でき「宇宙摂理の絶妙な叡智
と慈愛の仕組み 配慮」を実感していきます

           ☆ ☆

母の胎に入る時に『過去の人生を忘れる』という 
宇宙摂理の配慮が働いています

誰もが 新しいテーマに 新たな人生として生き
れるためです

過去世の獲得形質である「得意な事」は全て
奥底の潜在意識に仕舞って誕生し

折々の選択や 出会いの場で 運命や宿命 
個性やセンス クセとして引き出されます

動物人間の体に入ると同時に 誰もが人生を
一から始めるのです

            ☆

20世紀までは この無意識下の潜在意識を開発して
リーダやプロとして 活躍していくのが主流でした

21世紀に入って この潜在意識の奥にある絶対意識
・超創造意識・悟り意識と呼ばれている

意識感覚を開発して 惑星「地球での人生の最終章」
への 入口に立つ時代を迎えています



            ☆

誰もが この生涯の 生まれてくる時に引き受けてき
た課題・役割り・願いを完遂するために

自分に最適な親・兄弟や環境 国や時代 生涯テーマ
を選択してきています

これらは 自我意識から見ると不本意で 不平不満で 
「なんで!」と思うような 今までに経験したことの
ない体験をしていきます

体験した後で「今こうしてここに至るための」通るべき
必然の道であったと気づきます

            ☆

頭は 先に理由や訳を知りたがりますが 実際に体験を
してみないと その真意や真髄は分らないのです

それで 体験したことのない人には 真実は分からない
という意味で 「公開の秘密」という言葉があるのです

体験を積み重ねていくと 類推して直感や智慧が働く
ようになります

            ☆

過去に 体験を通して獲得した智慧や勝手な思い込みは 
イザという時や 普段の何気ない選択時に 感情として 
現れます

ただ昔の意識感覚よりも 色んな体験を積んで意識感覚が
精妙に進化・成長しているので 理解力も進んでおり 

感情をコントロールしたり 現象の奥にある真意・真髄を
感じ取れて 判断や選択が変化していきます

これらは『体験を通して初めて引き出され』 身について
いきます

頭に入れた「知識」と 体験を通して腹に落とした『智慧』
との区別が出来る見識も 体験を積んで身についていきます





            ☆

過去の体験から体質化している 古い考え方や思い込みは
「肉体を持って生きている間だけ」 体験を通して転換す
ることが出来ます

顕在意識は 過去を一時忘れて新しく白紙で生まれてくる
ことで 時代や環境に対応しょうと動物本能がフル回転し
ます

そして「過去とはまったく違う世界観に生きれるチャンス」
でもあります
 
自我意識は 過去の潜在意識に溜め込んだ思考の感情化した 
無意識に左右され 翻弄されながら 本来の魂(本心)を取り
戻していきます

            ☆

生まれ変わった時には 過去の体験 獲得形質や執着心などは 
すべて感情として カルマと呼ばれている潜在意識の中に種と
して持っています

これらは 世間を生きぬく体験や修練の中で蘇り そこで昇華
・転換をしていくことが人生です

以前よりも進化した時代 次元に人間として生まれて 戸惑い
ながらも 進化するチャンスを与えられています

20世紀までは 動物人間として生き残る事に必死で この真実
に気づく人が少なく 自我意識(エゴ・古い自己や世間の因習)
に埋没して 

ここから目ざめるために 自らの深い魂が「負の体験を引き寄せ」
ています

「死ぬる」「死ねる」という事は このなすべき願いを達成でき
なかった時に 人生をリセットすることのできる 尊い仕組みで
もあります!


           ☆ ☆

老後に「健忘症や痴呆になる」のも『今ここの永遠を生きる』
最終目的地に至る為の 宇宙の配慮の一つです

過去の思い込みや執着を 無意識に忘れて手放し 必要なその時が
来たら また思い出して手放し 浄化することができるからです

頭の記憶を消して 実感的に「感じられる」ようになるためです!



   
          ☆ ☆ ☆

【 月の初めに 人生の原点へ! 】 
幸せと成長のための絶対条件は「魂の必然性、本心の
直観に生きること!」です。

人の成長のお役に立つ努力や、結果が出るまで「無心」
に取り組み、『感性を磨く実践』体験を通して、魂は
輝き出されます。

魂の中心の「本心」から、天命や天職、時代に必要と
される商品、洞察力や直観力、問題の根本解決、
価値ある独自のサービスは 創出されます。

出会うべき人に出会い、世の中の彩りを、彩りとして、
執着や罪悪感なしに味わい、楽しむことができます。

            ☆

他の人のマネは、人の人生を生きる奴隷です。
いつまでも自立できず、主体が確立されません。

自分が生まれて来た意味、役割りから遠ざかり、
虚しく淋しく、不本意だと感じる人生になります。

マネではなく、そこから、誰にでも通用する
普遍性を学べば 独自性として発現します。

            ☆

物事の基本は、本質的教養を学び、ノウハウは、
定石を一つ知れば十分です。

あとは目の前の問題を課題に変えて、真髄を掴むまで、
結果が出るまで、納得できる所までやり続けるだけです。

その先に、必ず道は拓け、人生は導かれていきます!!









スポンサーサイト

  • 2019.02.21 Thursday
  • 06:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM