『 マントラ(真言)の効果とは! 』

  • 2019.08.05 Monday
  • 06:38
2019年8月1日 『 マントラ(真言)の効果とは! 』
発信し忘れていました。暑さボケではなく、関心(役割り感)が次に移っているみたいで…。と正直な気持ちの発露の言い訳です。
今いまの生活の一つ一つが大切で、じっくりと味あわさせて頂いています。

『 マントラ(真言)の威力! 』
日常で、無意識に使っている「言葉が私たちの人生を作っています」。

         ☆

考えて判断を下す「頭」と、無意識に感じ(観じ)ている「心(ハート)」と、心の奥底の宇宙本体とつながっている「魂(本体・本心・大元)」の三つが一つになって身体は、行為(行動・言葉・しぐさ)して現象化し、仕事や人間関係、周りの環境を作り出して自らを表現しています。

「頭」と「心(ハート)」と「魂(本体・本心・大元)」の三つは、同時に働いていますが、一人ひとりの意識の開発度、また得意・不得意などの個別の、個性の分野に応じて無限の色合いの表現となっています。

同じ究極の法・マントラ(真言)を唱え念じていても、その創造表現は本体である個性に応じるので無限の輝きになっているのです。

         ☆

周りの環境は、いつも「ただあるがままに在るだけ」なのですが、一人一人の受け取り方は感性の違いで、みんな違うだけに無限の現実が生まれて楽しめています。

「ただ在るがまま」と言いましても、人間を含む命ある生きとし生けるものすべての宇宙全体の存在たちが、時々刻々と変化しながら共鳴して、全体も変化しているので、いっ時として同じ時や同じもの、同じ現象はないのです。

それで『今ここの一瞬が全て』と言われているのです。

          ☆ 

この一瞬を感知する感覚の違いが、人の「本来の差」で、良い悪い、上下ではなく、これもあるがままの単なる個性で、本体は『どれだけ楽しめたか』です。

宇宙の一部である私たち人類は意識の存在であり、どこまでも無限に成長していきます。

この三つを意識的にコントロール出来るようになることが、人間としての成熟であり、意識進化の目的であり、地球での卒業でもあります。

肉体が自分だと勘違いしている本能的な自我意識から、色んな問題が生じ、不安や怖れ、病気や事故が発生してきます。

自らが「意識の存在であると気づけること」が、人生を本当に楽しめる地球人生の始まりです。

色んな喜びの人生体験を通して、そのプロセスで心と身体と魂が一つになっていくツール(道具)としてマントラ(真言)が広く使われています。

         ☆

いろんな境涯性に応じた宗教的なマントラがあり、これらには自らの体験を通した成長に応じて自然に出会っていきます。

『ありがとうございます(感謝します)』という日本語が、現象界と自分の心と宇宙全体にとっての最上の言葉です。

「言葉の元は、心の想い」ですから、原因である意識(心)の在りどころを確認するためにもマントラは役に立ってくれます。


        ☆   ☆

【 月の初めに 人生の原点に! 】

幸せと成長のための絶対条件は、
「魂の必然性、本心に生きること!」です。

人の成長のお役に立つ思いやりや努力、新しい体験を通して
本心は磨き出されます。

魂の中心の「本心」から、天職や時代にマッチした作品、
洞察力や直観力、価値あるサービスは創出されます。

出会うべき人に出会い、世の中の彩りを、彩りとして、
執着や罪悪感なしに味わい、楽しむことができます。

他の人のマネは、人の人生を生きる奴隷、
いつまでも主体が確立されません。

自分が生まれて来た意味から遠ざかり、
虚しく淋しく、不本意だと感じる人生になります。

物事の基本は、本質的教養を学び、ノウハウは定石を
一つ知り、実践して自分のものにします。

あとは目の前の問題を課題に変えて、真髄を掴むまで、
結果が出るまでやり続けるだけです。

その先に、必ず道は拓け、人生は導かれていきます!!


        ☆   ☆
          
【 私のリフレインキーワードです! 】 本心の確認に!

天よ地よ 諸天善神 天使がた ご先祖様 縁ある方々 ありがとうございます

生きとし生けるものの成長と 幸せのお役に立ち 意識進化に貢献させて頂きます

すべては一つ 今ここが全てです 今完全に豊かに満たされています

いつも最善が起きて生かされ ありがたく感謝いたします

最高の人間性 最高の環境 最高の本質提供 ありがとうございます


最高の環境の中 喜びと感謝と慈しみ 美しさと清潔さの表現 ありがとうございます


        ☆   ☆

吉浜の古民家に引っ越しをして、二ヶ月が経ちました。

少しずつ新しい家や環境に慣れてきています。

体験してみたい事はたくさんあるのですが、まず周りの生活環境と仲よくなることに意識が向いています。

下の海から聞こえる波の音や、山から吹き降りる風は仕事の集中を助走してくれます。

          ☆

前に住んでいた家で仲よくしていた猫のグリーンちゃんともしばしのお別れをして、ここでは心のままに動いても気を使うことが少なくて、自由で喜びと興味のある事を体験し、心身共に起きるがままに生活をさせて頂いています。

「今ここを生かされて生きている」と、相変わらず予定表と時計は手離せません。

たった一つのなすべき役割りの仕事と、日々の掃除やお買い物、ガーデニング、食べて寝る生活の一つ一つの中に新しい発見と冒険を深く味合わせて頂いています。

暑い日が続いているので、恒例の年に一度の海水浴を楽しみたいと思います。

海水浴と言っても、海水に浸かって泳ぐ真似をするくらいですが…

みなさんも、目などの五感と心で新らしい視点で、刻々を味わっていかれますように!



【 労働から仕事へ! 】 湯河原町の「吉浜」に引越しました!

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 07:16
【 労働から仕事へ! 】
労働と仕事の違いは、体験を通した「意識感覚の成熟度の違い」です。

両方とも、生きていくためや、生かされている人間の社会人としての衝動の行為でもあります。

           ☆

食べていくための、家族を養うための賃金を得るための労働をやり続けることで、物事の道理や社会の成り立ち、生活の生業や働くことの意味を学び、行為を通して感性・感覚は磨かれていきます。

仕事とは、「事(テーマ)に仕える」という言葉の通りです。

お金の代価としての労働から、仕事を通して役に立って自らも成長し、エネルギーが高まって仕事という行為を無心に楽しめることで、物事の神髄、ポイントを掴むことが出来るようになり、この感覚の成熟が仕事の本体です。

そして、自分の成長にとっての仕事が生きがいとなり、その上に生活の糧も豊かに与えられて、必要は満たされるという体験ができます。



[ 「吉浜」に引越しました! ]

5月末に、ご縁があって湯河原町の駅裏から、同じ湯河原町の「吉浜」地区の古民家に引越しをしました。
とても因習的な地区で、20世紀のまま取り残されている感じがします。

以前、この家は民宿に使われていたようで、2階への階段が2つあって個別の部屋になっていたり、家の大きさの割に台所が小さかったりと面白い間取りになっています。

こじんまりとした場所で、静かに役割りのまとめに没頭したいと思っていましたが、チョッピリ部屋が多く、やはり運動がてら掃除を楽しませてもらっています。

前の湯河原駅裏の家は旧太陽生命の保養所で、お庭が400坪と家が100坪あったので16年間、色んな植物を育てて、仕事以外は心ゆくまでガーデニングを堪能させて頂きました。

なかなか家が売れず、仕事と手入れのバランスが取れていませんでした。
家を買うと定住しなければいけないので、仕事には集中できていいのですが、変化を縮小され・阻止しているようで私には合わないと体感しました。

ここ吉浜の家は、古い木造建築なので100万円余りかけてあちこちを修理・修繕・改善を25日かけて生活できるようにしました。

5年〜6年人が住んでいなかった家のために分厚い埃が目に見えにくい所に溜まっていたり、壁にヒビが入っていたり、アチコチが腐りかけていたり、器具が壊れて古くて修繕できないと言われたりと、修繕・改良の色んな体験が楽しかったです。

そして、この古い貸家がとても気に入っています。
かえって、生涯の安住の地かも知れないとさえ感じているほどです。

家から5分下のバス停が「海の家」と付いているのも何だか楽しいです。

先日も湯河原駅から8時26分の最終バスに乗ったのですが、お客さんはほとんどなくてまた貴重な体験をしました。

職業柄、企業や組織、お店や人に出会った時には「どこか1点を変えればもっとお客さんに喜ばれるのか」「この人はもっと楽な生き方が出来るのか」と考える癖がぬけなくて、つい『湯河原町が住みやすく発展するには…』と考えていました。

辛い仕事の反動としての「飲む打つ買う」の慰安を求める時代から、仕事を通して人生の意味・本質や自分自身の人生を楽しむ

湯河原町も、温泉や自然の観光だけに頼るのではなく、人間的成長や気づきを得られる「文化の町」を目ざしたいものです。

仕事部屋からチョッピリ見える海には初島が見えて、植物の多い自然環境と海が見えるのも何だか落ち着きます。

           ☆

引越しする事の良い点は、持っている荷物の再確認と整理が出来る事、知らない人たちの中に入るので近所の人とは「あいさつ」だけの関係にすることが出来ることでしょうか。
それで、いつも町内会はパスさせてもらっています。

引越し荷物の中には、16年前の引越しの時の段ボールがいくつかそのままで出てきました。
今回は少し荷物の整理が出来たので、良い物はバザールにでも出そうと思います。

生活ができる家にするまでには25日かかりました。
業者さんの出入りに人疲れしてしまいましたが、やっとパソコンも使える様になって一人の創造空間の時間を楽しませて頂いています。

改めてインターネットと人の助けのありがたさが身に染みました。

「今ここを生きている」と頭では考えることはしても、覚えないので知識や生活のヒントの多くはパソコンが頼りです。世界の進化状況、仕事や生活に必要な情報を即座に知ることが出来て本当に便利でありがたいです。

これからも、どんな事も、楽しみながら生活をさせて頂きます!

皆さま、お一人お一人も日々の変化を楽しまれながら、ご自身の心のままに在られますことを!!



幸せと成長のレシピ!

  • 2019.05.02 Thursday
  • 02:32
05:32
アメブロを更新しました。 『『令和元年おめでとうございます』』 https://t.co/SturMSuQgL
05:29
『令和元年おめでとうございます』 https://t.co/I8LEKSHwL5 #jugem_blog

『令和元年おめでとうございます』

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 05:29

『令和元年』おめでとうございます!

「平成31年間」ありがとうございました。

まるで、私の人生の切り替わりのようです。

「令和の元号」がスーッと声に出てこなくて、まだ、一旦頭で考えてから「令和」と確認しています。

       ☆  

2019年4月27日に『人生の分岐点にたどり着きました』

日本も平成天皇が譲位されて、5月1日、今日から平成から令和へと元号が変わりました。

天に通じる天皇と言う象徴に守られた時代から、国民一人一人が自立しながら協調できる時代に入ったように感じます。

       ☆  

私自身も、今まで十分に人生の豊かさ、喜びや感謝の感覚を味合わせて頂きました。

この前世や過去の人類の持ったカルマなどの、生まれてきた意味である私の役割り全てを再体験してニュートラル(中庸・在るがまま)にバランスさせてきた様に思います。

外から得た人間の作った価値観や常識からの思い込みを外し、六感の体験からの好みや執着を充分に経験して卒業しと言いますか、新たな無条件の愛と宇宙叡智に包まれたシンプルな生活が始まっているように感じています。

と言いましても、肉体を持ち、この色んな次元を生きている魂の分身たち!の存在している地球での生活は、すこしレベルアップしただけで今までと何も変わらない部分と、ただ一人一人の瞬間瞬間の体験の感覚が違うだけのようでもあります。

私の魂が喜ぶ、人との出会いは「出会って本当に良かったと感じられ」、お金や物は「私のエネルギーの分身として慈しみ充分に豊かさを享受し」、過去世の色んな体験からの苦しみや悲しみ、不安や恐れの感情を喜びへと更に深め、高めて地球や人類の意識進化に貢献していると感じていました!

すべての人たちと同じように、私一人の波動がどんなに小いさい光であったとしても、縁あるすべての人の人生の同伴者として在りたいと想います。

       ☆  

人生は、新しい冒険の連続で、ハラハラドキドキしたり、喜びや感謝に打ち震えたり、いまだ天国と地獄を一つとして感じられるまで、この間の餓鬼・畜生・修羅・人・天・声聞・縁覚・菩薩(仏の境涯を生きる人)まで体感しながら、原点の本心を踏み固めて?います。

人間に生まれて、それぞれの役割りの体験を果たして魂は成長し、「すべては一つ」「今ここが全て」「いつも守られ愛され生かされている」と自己や宇宙の完全さに気づきながら、多くの人と出会っていきます。

これからの新しい生活が、どんな人と出会い、どんな仕事内容になっていくのか、また一つ一つを楽しませて頂きたいと思います。

きっと、今まで以上に頭で考えて判断したり、起きて来る事に真摯に対応することは変わらないのかも知れませんが、時代のエネルギーも高くなっている(次元上昇、価値観の多様化)ので、私自身も「今これがいいと思ったことが」次の瞬間、翌日には「これもいいんじゃない」と変化して、決断をするまでに色々と楽しんでいます。

         ☆  ☆

先月、女生徒一人を含む四人の高校生に自立のための「本質学セミナー」をさせて頂きました。

高校生へのマンツーマンのセミナーは、十年以上前にクラス授業をさせてもらっていた時に何度かの経験はあるのですが、複数の生徒さんとの本質セミナーや個人対話は久しぶりでした。

一人の講師希望のお母さんと一人のお父さんに、みなさんの食事や生活面のお手伝いをしていただいて、一人一人の独自性と自立の芽を引き出す役割を果たすことが出来たように思います。

後になって、真意と言いますか、セミナーをさせて頂いた意味、必要性!に気づくことでしょう。

           ☆  

人間として生まれた最後の人生、一つ一つの日々の生活を楽しみたいと、セミナーは卒業させて頂いていた積りなのですが・・・。

私は、プロテスタントのミッションスクールで学び、若い頃に宗教(根本の教え・目に見えない世界の存在)に出会えたことは、どれだけ人生を心豊かにし、普遍性に目覚めさせてくれたことがどんなにありがたかったことかと大人になって気づきました。

一つ一つの小さな日々の生活と本質提供と本心に徹した人生を楽しみたいと、対話以外のセミナーは卒業させて頂いていたのですが、私への天のプレゼントでもあったように思いました。

古い家に嫁いだ母は、人間としての常識的な在り方に厳しい教育ママでした。勉強に興味の無かった自由奔放にしか生きれない私にとって、普遍的な学びに篤く自由に生きた父が大好きで、救いの存在で、私はファザコンでした。、

二人とも肉体を去った今は、事に静かに対話をして体験を共有しています。

           ☆  

長年、企業研修をさせて頂いてきたのですが、矛盾を感じることもありました。

それは、人生の意味を仕事や人間関係に見つけたり、才能に気づかれた人が要職に就かれるのはセミナーをさせて頂いた醍醐味なのですが、20世紀体質のトップや体制だと、新しい感性を使いこなせず、そのために新しい時代の可能性を持った人が他の体験を求めて転職をされ、イエスマンの人が残られて、これが日本の企業体質だと何度かガッカリしたこともあります。

所長さんは、企業の奴隷を作るのは時代に逆行すると潔く止められました。
私は何とか、上司にイエスマンでありながらも創造的感性を開花して頂きたいと頑張ってみました。

この頑張った見返り、ご褒美として、変な理想や期待を持たなくなりました。


        ☆  ☆

太陽エネルギーが強烈で、未熟な時に勝手に思い込んでいた、私の潜在意識に溜まっていた負や正の、自我意識(エゴ)が次々と行為を通して浮上したり、理由もなく体に痛みを感じたり、昔ではご縁の無かった人たちとも出会ってきています。

「えっ、まだ有るの」と思うくらい、次から次へと浄化されたくて現象化し、引き寄せて来ます。

         ☆

正としては、最高の環境の中で、頭では考えられなかった自由な選択とマイペース、好きなことを通して、豊かな生活を時代の波に乗りながら満喫させて頂いています。

男性の性質と女性の性質を自分の中で統合することで、人との関わりも自由になり、今まで体験したことのない喜びや感謝などの、一人の豊かな生活が無限に広がっています。

この体験を通して体感する感覚を拡げていくことが、私の役割りかな!とも思っています。

この喜びがあふれ出て、他の人たちと共有する時が来る予感もしています。

         ☆
 
負としては、「苦労して、頑張って幸せになる」という概念と、今は対峙してハズしている所です。

割と努力家だったので、欲しいものや必要なものを手に入れるために、人の何倍も働いたり、プロテスタント教育のお蔭で、奉仕や献金、人の役に立つことを実践してきました。

それが今「本当に対象の役に立ってたの!」と、成熟しつつある私自身が精査している感じです。

人の悩みや苦しみ、困難というのは、その魂が成熟して強くなるための必須の体験だと気づいたからです。

過去の子供やパートナー、周りの出会った人に良かれと思ってしてきたことが、本当に役に立ったのかと、多くの場面を体験して成熟してきた魂の視点で見つめ直している自分もいます。

宇宙本体である天の、人類の幸せや成長への配慮というのは人知を超えていて、ベストのタイミングで起こる困難や冒険の必然の体験を通して、拡がっていく世界の素晴らしい仕組みに気づかされました。

そしてまた、すべてには意味があり、無駄は何もなく、全ては在るがままでOKなのだとも気づかされています。

         ☆
 
例えば、戦争をして肉親や同胞を失い、悲しみや対象(敵?)への憎しみは募り、この気持ちがある臨界点に達した時に、宇宙本体である天は、慰めと癒しの体験を通して、物事の道理を学ぶ機会を提供してくれます。

戦争の原因が、決して外部(対象)にあるのではなく、自己内部の執着心や無知、貪欲さが現象化して、浄化し卒業するために引き寄せた現象だったと気づける機会を、色んな状況や出会いを通して知らせてくれます。

         ☆
 
世の中や人間の内部には、横道に逸れる誘惑がワンサカあって、それらが目の前に引き寄せられて体験を通して真理に目ざめさせる役割りを果たしてくれていたのです。

多くの人を奴隷にしてきたと言われている「裏・闇の勢力」や宇宙外生命体なども、宇宙や地球の進化のための必然の通り道に過ぎません。

これら外部の情報に踊らされたり、情報は情報として真摯に受け取り、本体である自分自身の、内部の魂の成熟に向けて「行為を通した意識進化」にエネルギーを向けていきたいものです。

心配しなくても、永遠のいのちの存在である、宇宙本体の分身である私たちは、どこまでも生かされ守られ、形を変えながら、必要な体験を通して、楽しめる所まで魂を磨いていきます!

もう一度、平成に感謝、始まった令和の時代によろしく!!

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM