【 大元は一つ! 】 

  • 2014.03.10 Monday
  • 21:00

 
私たち人間は『意識』の存在です
この意識から すべては生まれます

言葉の意味している本体が 感じ取れないために 
頭で考えてしまい 言葉に惑わされ 迷うのです


最高の意識状態である『一元感覚』のことを
いろんな言葉で表現されてきました

釈尊の「法をよりどころとせよ」も
道元さんの「只管打坐」の座禅の本体も
「般若心経」の般若の本体も
キリストの「神の子」「祈り」も
仏を念じる「念仏」も  ニルバーナ「涅槃寂静」も
「常住三昧」も 言葉が違うだけで 
それは「たった一つの月」をさし示しています 

指がさし示している月の本体は「一元感覚」です
一元感覚(本心)の実体は 言葉でいくら説明しても分からず
体得するしかないのです

言葉が違うばかりに 千人いれば千通りの 
それぞれ 別の世界があると 錯覚してしまうのです


仏像も お地蔵さんも 三昧状態の姿だからこそ
尊いと言われています



本体の真意を観じとれない(悟れない)境涯性の低さや 無知が 
目的は同じ 一つなのに 言葉の違いに過ぎないことに気がつかず
言葉や表現方法の違いで争い 悲しみや苦しみを作り出します

現状を操作する立場にある人間にとって 真実が洞察できない 
言葉の概念にとらわれ 手法(ノウハウ)に振り回される頭人間ほど 
使いやすい人間はありません

体裁よく使われて ぼろゾウキンの様に 使い捨てにされます
この体験を通して 事前に何らかの学びがあって 自分の無知に
原因があることに気づける人と 選択を間違ったと誤認して
横ズレする人がいて 道は二つに分かれます

無知を利用する者も 利用される者も 程度の差こそはあれ 
立場が違うだけで 同じ穴のムジナです



これからの時代は 言葉の意味する本体を「感(観)じ取る力」を 
命がけで開発するしか 真の幸せも 豊かさも 信頼も 平和も 
起死回生も 独自の創造表現も 進化の道もありません

魂の一元感覚を開発する実践が すべての土台であり 
基本であり 出発点です!!


     すべてを生み出す たった一つの大元
      魂の一元感覚 真髄の体得と
      新しい価値創造の仕事を作る
   叡智の直観対話を 味わいにおいでください!!

   本当の事を知らなければ 人生は砂上の楼閣です
本体の内容がなければ ノウハウをいくら知っても役に立てることはできません
 
   『本質対話セミナー』の お問い合わせは下記まで!
        info@honshitsu.jp
    女性と20代までの若者「割引」もあります
   TEL 0465-62-3313  FAX 0465-62-3312


    【 大元は一つ! 】
    【 本心の開発(1) 自分自身を知る! 】へ







【 本心に生きる! 】

  • 2014.03.08 Saturday
  • 08:00

本心に目ざめると 
起きてくる事はすべて いつも 全体や自分 
周りにとって 最善であることに気づきます
 
本心の中に 全宇宙の慈愛と叡智 魂の必然性の元が内蔵されていて 
すべての 存在するもの 生きとし生けるものは 時々刻々と
絶妙なバランスで共存し 生かされていることに気づきます 

近代自我が作り出した世界の崩壊も 少子高齢化も アメリカや中国の
衰退も 日本が世界から注目され試されている事も 天災や人災も 
時代と意識の進化のための役割り確認と 因果の必然で起きています

今ココの深さの中に生きている「本心」は どんな事も どんな時も 
どんな人も どんな場も どんな物も どんな状態も どんな内容も 
どんな出会いも 活かしていくことが出来ます 



宇宙本体とつながっている 魂の中心の「本心の中」に 
真の全託と信頼 成長進化への衝動はあります

自我の頭人間は 全託とか信頼という言葉を 聞いて知れば 
自分がすでにそうなったと錯覚し 自分は素晴らしい人間だ
と勘違いをして満足します 

腹の「本音」と 頭の立派な考えの「建前」とが違う
二重人格体質となり 股裂き状態を体験します

知ることと 体験を通して腹に落として 体得することの間には 
天と地ほどの差があり 内実 実感が全然違うことが 
体験を通した智慧と 感性(センス)が開発されていない
頭人間には分からないのです



知識を詰め込む頭人間は 無慈悲になり 変なプライドと
虚栄心が強くなります 

実生活や仕事において ポイントをつかず 実積が出せず 
人にうとまれて 心から信頼されません

この原因において 結果として心身ともに病気になったり
リストラや倒産 離婚や離別が起きます

また この実質のみじめな結果現象の未来を 頭で勝手に想像し
事前に いかにもの巧みないい訳を考えて 現場から逃げます
一歩を踏み出す勇気が なかなか持てないのです

 

いつも 一歩踏み出す対象や場 成長のチャンスはあるのですが 
自我の頭人間やサラリーマン体質では 頑張って努力すると 
次にまた期待されると困ると考え 程々で努力を止めてしまいます

この給料分や 能力範囲内でしか仕事をしない 消極的な選択の習慣が
いつまでも実力がつかず お客さんの役に立てない リストラ予備軍の
原因になっていることに「気づかない」のです

そして ますます知識やノウハウに走り 理屈や言葉で飾り 周囲を煙に巻き 
自分よりも無知な人を無意識に騙し サギ師的根性が身につき 欺瞞体質を
醸成し 結果としてノイローゼや人生の敗残者 反面教師になり 次の上昇へ
の準備へと入ります



「意志の弱い自我」は 恥をかくことがとても怖く 嫌いです 
失敗や未熟であることの意味している本意が分かっていないからで
病気になったり 引きこもったり ダメ人間を演じます

実質的な人間力が磨かれていないで 内部に向かうと 
引きこもりや ニートとして 内部の純粋な実感を守ろうとします

いずれも 次の成長への気づきや 人間力や人間性 能力や人柄を
磨くために与えられた 試行錯誤の大切な時 準備期間です!!



【 意識進化とは! 】へ/a>



【 目的は境涯性のアップ! 】

  • 2014.03.05 Wednesday
  • 08:00


人間を含む全宇宙は 一刻も静止することなく 躍動を続け
進化をしています

存在している全てのものは 生きていて 生かされています 

目の前の机やペンも 波動は低くても 全ては生きていて
生かされているから 形を保持し 存在しているのです 

人間は眠っていても 心臓は動き 呼吸をして肉体生命は
維持されます 睡眠中に身も心もリフレッシュされ 翌日
には また新たに生きて生かされて 元気に活動できます! 



目に見える 目の前のモノは すべて自分自身の心の写し
鏡です 今の自分自身の現状と これからどうしたら良い
かを教えてくれています


私たちの本体は「意識」の存在そのものです

人生の目的は 
この意識を進化させ 
境涯性を上げていく事です!!





   【 心とは? (24) 目的は境涯性のアップ! (2) 】につづきます







【 親と子の関係!】

  • 2014.03.02 Sunday
  • 08:00


親が長生きをする事も 早死にする事も 介護を必要とする事も 
それ自体は主題でも 本体でもありません 

そこには 親子がそれぞれに学ぶべき 目ざめるべき 
お互いの人生の願いや 役割りを全うするための 
絶妙な出会いが起きているのです 


「なぜこんな親の元に生まれたのか」
「なぜこんな子供を授かったのか」と 
不本意に思ったり ありがたく感じたりします

親や子から 成長の手助けやヒントを受け 
自己の魂の直観の導くままに 
目の前の「不本意だ」と思える課題をクリアし 
役割りや使命を果たしていきます

生まれて来た意味を全うするのに 自分にピッタリの
親や子供と 家族になっていたことに 後で気づきます


自分自身の人生の課題を生き切った時に 
ジグソーパズルのピースの一つ一つが 
ピタッピタッとはまっていくように 
人生の出会いの全てが 
最善の出会いであった事に気づきます 

一番近しい親子や夫婦 仕事のパートナーや
仲間との出会いは 二人にとってだけではなく 
周りや宇宙にとっても貴重な 価値ある出会いです

親として子として また兄弟姉妹や友人として 
共に影響し合いながら 執着や依存を越えて 
なくてはならない存在となっていきます 



目の前に起きる事はすべて 意識進化のための道具です 
道具を本体だと誤解する本末転倒が 
真の問題解決を遅らせているのです

何事も「本気」で取り組めば 物事のポイント 真意が分かります
現象を起こした原因に気づけば 次の段階へスムーズに移行します 

こうして自我のトリックに気づいて 一歩抜け出し 
上昇リズムに移行する 苦労体験をした人が 
古いしきたりや 思い込みの因習にとらわれている人の 
生きた手本となります



自我の執着心は 時代の流れが感じ取れないため 本当は本人や
周りの人 時代にとっても 良きこと 必然として起きているの 
に親しい人の死や別れ 倒産や時代の変化を嘆き悲しみます

嘆き悲しむのは 肉体の生存に執着している 自我本能です
種族の存続や 肉体の生存を維持しょうとする
DNAが作動しているのです 

意識進化するというのは このDNAを超えて成長することです
DNAを超えるためには 本心の開発が必須の条件です!


    【 心とは? (23) 目的は境涯性のアップ! 】】につづきます 
 





PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM