スポンサーサイト

  • 2017.06.25 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【 生きる意味! 】(10)

    • 2014.12.02 Tuesday
    • 12:01

    何を「幸せ」と感じるのか 「不幸せ」と感じるのかは 
    人それぞれが持っている 価値観や境涯性によって
    みんな違ってきます

    宇宙や地球と共に 人間として『幸せに生かされる原因』
    は「たった一つ」です

    それは 本人の無意識の『心根』にあります 


    頭で知っている知識や情報 地位やどんな権威を持って
    いるのかに関わりなく 魂の中心の本心からの『良心』 
    対象の願いと一体になった『無心』であるのか 

    それとも 自分の都合や勝手な思い込み 利害打算の自我
    (エゴ)の『邪心』か このどちらに心がついているかです

    本心に目ざめないと この識別は 出来ないのですが
    行為は『心根』から発動して 時間経過と共に全体に
    反映され 原因の結果状況の 現象として体験します


    ひとことで言えば 
    「信頼できると感じられる人柄かどうか」の
    人間性のことです


    何だか うさん臭さかったり 片寄りを感じたり
    使っている言葉を聞けば 判別することが出来ます







    年令や性別 知識や国籍・人種には関係なく 
    現状を見たり 言葉を聞いたり 読んだ時に 

    「裏表一体のありのままを感じ取って 洞察し 類推して 
    全体と個別を同時に感じ取れる人」は 過去に体験を通し
    て学習し 「センス」として身につけているからです

    『センス』は 動物的本能の あるがままの単純な
    純粋さとは違い 人間が行為を通して 対象の真髄を
    感じ取れる所まで 深く関わり 感覚を磨いたことで
    身についていく 高度な感性です







    大人になってから 道理を体得する為の
    体験はつらく きついと感じてしまいます

    それで子供の頃に 躾として 本来の素直さや 
    生きとし生けるものへの 思いやりや心配りを 
    引き出そうとするのです


    体験を通して 真理である「道理が受け入れられな
    かった時には」本人の表面意識では気づかなくても

    成長のメカニズムを持っている “いのち”(魂)自身が
    必要な体験を引き寄せ 体と頭でも理解できるように 
    人や自然を使って 宇宙摂理が発動します



    成長の度合いによって 消化されて 現象化するまでの
    時間が違います 体験を積んで理解度のある人にとっては 
    当たり前の道理なので 消化が早く 成長も早いのです 

    頭の知識だけの人にとっては なかなか体験する勇気が
    出なくて 問題が起きてニッチもサッチもいかなくなって
    やっと 真意を体験するための 行為が起こるのです




    心臓を動かしたり 呼吸は 誰がしていますか? 
    「あなたではない」ですよね!

    私たちは どこまでも 宇宙摂理に
    生かされている存在です!








    【 生きる意味! 】(9)

    • 2014.11.29 Saturday
    • 09:23

    毎日 口に入れたモノは消化され 排泄し 
    呼吸をして 心臓は動き 髪の毛は伸び 
    細胞は生まれ替わっています

    太陽の光や慈雨 風や水の流れ 月や満天の星 
    大地の豊かさと恵み 大自然の営みの中で 
    人との交わりを通して 奇跡のような生活を 
    体験させてもらっています

    この大宇宙の自然の恵みを 当たり前だと思って
    「感謝と喜びという対価」を支払わないでいると
    バランスを崩して 大自然は暴れ 人間関係は壊れます




    いつでも 人とつながれる 携帯電話の便利さ
    インターネットは 世界中の必要な情報や知識が 
    瞬時に得られます

    情報の多くは 20世紀の延長線上で古く 中途半端な
    内容や 裏に操作があったり 21世紀感覚から見ると 
    役に立たず 間違も多々あります

    先進国の生活は とても便利で清潔で 交通手段も
    整っていて 快適に過すことができます

    後は ただ一つ 一人一人の人間力(人間性)の開発です
    物事の真髄や人の本音を洞察し 情報を識別する力です



    生きとし生けるものは 進歩・成長し 幸せを実感するために 
    時代の進化の流れと 自分とのギャップを 自発的に意識して
    クリアし 価値ある 役に立つ表現内容を 提供していくのか 

    外部から 問題や課題として 災害やトラブルとして提示さ
    れて これを解決していくかの どちらかを選択しています


    目を開けている時間が長く 外ばかりに気をとられて
    自我(エゴ)の二元感覚で生きていると 内部の開発が
    おろそかになり エネルギーが低くなって 
    この瞬間瞬間の「奇跡」に 気づけません


    外部現象は すべて深い内部実感(心)の 反映です
    内部の意識を 深めない限り 知識的な理解だけでは 
    人間らしく生かされるには 条件不足です








    『21世紀は意識進化の時代』と言われている内実は 
    肉体本能や頭の知識に翻弄される「動物人間」から

    実感体験を通して 浅い感情を昇華して 継続力や忍耐力
    魂の必然性に生きれる 自律し「真の主体の確立」した

    『普遍的人間性』の次元まで 意識を精妙に開発することです


    現実世界で体験する 仕事や人間関係は 成長進化するための
    すべては道具です 本体である意識は 無心になって対象の
    真髄と一つになり 集中体質を体得していきます/strong>

    「集中体質」が出来ていないと 次の「瞑想」にも その次の
    「三昧」に進むことも 無限に成長していくことは出来ません


    知った知識は 体験を通して 初めて実質的な智慧になります
    頭で知識を知ったら そうなったと早合点をして 

    知った言葉を使っていると この言葉と実質とのギャップの
    空白は その魂の成長に必要な体験を引き寄せて 体験させ
    ます 体験したとしても そこから得る智慧は人それぞれです 



    例えば、近隣諸国の人間性の実体を知って対応し イルミナティ
    の巧妙なやり方を見抜いて 日本独自の役割りを提供していきます
    イルミナティは 共産主義国さえ手先に使っています 

    全体観のない自我意識の国民は 戦争になって 子供が戦争
    に駆り出されるのではないかと 自分の心配をします

    この自分の事しか考えない 全体観のまるで無い 自分勝手な 
    個人主義体質こそが すどい根性の近隣諸国やイルミナティの
    思う壷に嵌まって 手の平に乗せられてしまうのです

    勝つか負けるかの自我本能体質(エゴ)のままだと 核を保有して
    他国を威嚇する必要悪で 日本国(民)を守るしかなくなるのです

    国民一人一人の『真の主体の確立』こそが 核戦争の危機 
    放射能被害や災害をくいとめ 核兵器を持たなくても生かさ
    れる 日本の本来の役割りを全うする「実質」となるのです

     






    同性愛や異常性愛の体験は 良い悪いを越えて 
    その魂のネジレ 片寄りを浄化する 貴重な体験です

    自我意識に生きていると 何事も体験をしてみなければ 
    本当の事や 原因が分からないので 次へと進めないのです

    大切なのは 体験をした後です 何を感じて どのように洞察し 
    どこまで 次ぎの成長に 活かすことが出来るのか どうかです

    体験した時に 体験の真意に 気づける為には 事前に
    宇宙摂理の道理を 学んでいることが必要です







    21世紀に始まった「意識進化」のための 「新しい人間教育」
    や「新しい価値創造の仕事」は 

    江戸時代から明治への 時代の変わり目の時に「人間塾」や
    「寺子屋」 「丁稚制度」や「商売道」ができたように 

    また中世ヨーロッパの 文明開化をもたらした
    貴族たちの「文化交流サロン」のように

    新しい時代の鼓動として 必然の下地 準備として 
    江戸時代よりも より高度で 統合し融合された形
    での「学び集いの場」が 起こってきています!


    日本国の 貴重な財産 大和魂の仲間たち!

    人生の 成長と 幸せを 楽しむために!!  






    【 生きる意味! 】(8)

    • 2014.11.21 Friday
    • 14:34

    男性として あるいは女性として 生まれて
    きたのには それぞれに 理由があります

    男性と女性が存在する 地球の二元から学ぶ事は 
    男性は 行為を通して『主体の確立』であり 
    女性は 『愛情体の体現』をすることです

    (ここにも逆説が隠されています)

    最終的には 男女の性を含みながらも 越えて 
    「男性で表わされている主体性(智慧・叡智)の性質」と
    「女性で表わされている愛情体(慈愛・慈悲)の性質」
     のバランスした「人間」に成熟していきます!
     


    パートナーや周りの人 政治や仕事に 
    不満があったり 自分にふさわしくないと 
    思った時には この外部に向いている意識
    を 内部に向けます

    そして自分の内部にある 原因を探します 
    原因に気づければ 単なる 自分の中にある不足や
    劣等感の 負の反映であり その浄化現象に過ぎない
    ことが理解できて 現象を あるがままとして
    受け入れて 昇華していけます 

    元の原因が 無くなれば 外部への反映現象であった 
    不満や批判 不調和感は解消され この負のエネルギーは 
    自分のなすべき事に向かう 正のエネルギーに転化されます



    道理は この通りなのですが 生々世々の無知(無明)の
    積み重ねで体質化し DNA化してしまった 自分勝手な
    思い込みや 依存体質は なかなか消えないのです

    この為に 自我意識(エゴ)を 手放すしかないような 
    死ぬ思いをする様な 事故や 災害に遭うように  

    自分の無意識の一番奥にある 宇宙本体とつながっている
    魂の中心の本心が 摂理の発動を 呼び込むのです








    キリストや釈尊 聖人と呼ばれている人たちは 
    この真実 真理を無意識に知っていて 修練や修行を通して 
    「キリスト意識」や「悟り意識」「仏陀・如来」と呼ばれる 
    自らの普遍意識の開発をした人たちです

    この普遍意識から 宇宙摂理の真理 道理を解説したのです



    「肉体を自分だと錯覚している」 目に見える形 現象に
     囚われ 執着する 浅い自我意識(エゴ)の次元から 

    『自分(人間)は 魂の意識的存在である』ことに
     
    肉体意識を手放すしかない体験や 修練を通して
    気づけた時に 初めて 自分の内部には 男性の性質と 
    女性の性質の両方があると 実感することができます



    21世紀は 古い 肉体本能に翻弄される 因習的な 
    男女の役割り分担から解放された それぞれの魂の持った
    「必然性に生かされる」意識進化した人たちが増えてきます

    パートナーとの関係も それぞれの個性に応じた
    今まででは考えることもできなかった いろんな組み合わせの 
    新しい関係や形が 生まれてきます!!









    【 生きる意味! 】(7)

    • 2014.11.13 Thursday
    • 09:05

    20世紀までは 情報や知識を「知る時代」でした

    21世紀は 受け取った情報の意図 真意を洞察し
    知った知識の内容を『生きる時代』です
      


    新しい時代が 要求するハードルと 
    現在の未熟な自分との ギャップは 

    仕事を楽しめる所まで集中し 人と深く関わって
    お役に立って埋め 無心を体得していきます



    目の前に起きてくる問題や課題を クリア解決する 
    具体的な体験や実践 ダイレクトな修練を通して 

    物事の意味している真髄・真実 因果法則の 
    道理を学び 腹に落として 智慧を身につけます

    人の成長や 時代の進化に 貢献する喜びと
    幸せは 何ものにも替えがたい至福感です



    すべての出来事や 出会う対象 仕事や結婚は 
    本心に至るための 道具です


    20世紀までは 道具を 目的だと勘違いして
    目を外に向けて 他と比べ 依存し合い
     
    途中にとどまり 動物的本能を助長し 
    傲慢で 見栄っ張りに なりました 


    本体である 魂の中心 本心に
    目覚めれば 道具は 目的に昇華します!

    これが 人類が 地球上で目ざしてきた
    真の『幸せな状態』です!








    外部の戦争や饑餓 災害や差別は 自我意識が原因の
    結果現象に過ぎず 起きた現象は 変えられません

    全ての原因は 自分の中にあることに気づければ
    すべての現象は あるがままとして受け入れられ

    外部の環境や人間関係への受け取り方が変わり
    本当の意味で役に立つ 手が打てるようになります



    外部現象に 翻弄されることがなくなると 
    いま居る所が あるがままでOKの楽園になります

    この意識状態から 個人個人の真の個性に見合った
    普遍的価値を持った仕事 作品や環境 生き様や
    人間性が現われ 必要な願いは 満たされていきます

    自我(エゴ)は この生まれてきた意味である
    意識感覚の成長を嫌い 今のままで居たいと
    仲間を作ってつるもうとし 悪戦苦闘します



    「男と女」「表と裏」「良いと悪い」と 
    地球上のすべては 二元に分けられます

    この現象の事実が 人が地球に生まれて来た
    目的を 示唆しています

    この地球上での体験は 陰陽二元 両方の
    二つの体験を通して この奥にある深遠な 
    一元感覚へと転換・昇華していきます 


    螺旋状にグルグルと 陰陽を繰り返しながら 
    成長するように 宇宙摂理は仕組まれています

    この成長軌道に 乗るまでは 外の景色が
    次々と変わるだけで 同じ境涯性を横ズレし 
    下降しながら 全体では上昇しています



    地球に人間として生まれてきた 普遍的な意味
    と同時に 一人一人が個別の 体験したい
    願いを持っています

    宇宙摂理の道理に生きることが 先で
    そこから自ずと 一人一人の魂の必然性の
    役割り 仕事が生まれてきます


    男性であることも 女性であることも 
    どちらでも いいのです

    人間として 魂の必然性に生かされるだけです!

    魂の中心 本心の中に 男性や女性 母親や父親 願いや喜び
    生まれて来た意味など 全てが含まれているからです!












    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM