『二つは一つで、三つ!』

  • 2018.08.16 Thursday
  • 13:34

地球のすべては、対極の二元で表現される現象世界です。

陰と陽・プラスとマイナス・正と負・男性と女性・作用と反作用(逆説=パラドックス)・上手く行く事と上手く行かない事・上と下・不幸と幸福…すべて二つの対極は一つのリズムとして構成・完結します。

陰の体験が先で、また自分から出たものが自分に返って来るだけです。


例えば、陰の体験が先で、陽の体験がその後です。

「陰が極まれな陽に転ず」と云われている所以です。

二元の「体験を通して」、知識は腹に落ちて知恵となって身につき、成長・進化・拡大しています。


20世紀までの無意識の「外部依存の未熟な時代」から、21世紀からは「内部の自己確立の時代」を迎えています。

この「外部」と「内部」の二つも、一つのリズムです。

主体を確立できた自立した人たちは、共に協力して一人では出来ない創造表現内容を通して新しい時代を謳歌します。

          ☆

部分は、全体の一部であり、全体は、いろんなすべての部分を含み、世界は時々刻々と変化しでいます。

人は、宇宙本体の一部であり、宇宙全体と連動しています。

天災や地災も人の深い心と連動しており、古いエネルギー波動の因習を打破・清算するために地震や災害、災難と呼ばれている現象を呼び寄せています。


災害や事故に遭って命が助かる人と、尊い犠牲になる人との違いがあります。

助かった人は、まだ役割り・使命が完了していない人です。

尊い犠牲(負の体験)を引き受けた人は、次の新しい役割を担っていく人です。


宇宙本体の意志、存在に間違いや差別はなく、それぞれの魂の自由選択を尊重しながら、全体の包容とバランスを保っています。

          ☆

二つで一つであり、三つでもあります。

例えば、人は男性と女性の性別があり、この二つは人間という共通の存在でもあります。

地球人生の最終目的地も、男性の性質の「主体の確立」と、女性の性質の「愛情体」の獲得された、自我を真我に昇華・転換して一元感覚に至る成熟をすることです!

男性の性質と女性の性質と中庸の人間としての三つの体験を楽しむことが出来ます!

          ☆

色にもいろんな色という個性の意味があって、混ぜると全てを含む白色になります。

音も「オーム」は原子音と云われる真言・マントラで、『普遍の本質』や『純粋の意識』と表現されます。


鼻から空気が抜けるムの「うーん」の響きは「阿吽(あうん・呼吸の吸うと吐く)真言マントラの1つです。

悉曇文字(しったんもじ・梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされています。

「阿吽の呼吸(二人以上で一緒に物事を行うときの、互いの微妙な気持ち。またそれが一致する)」

宇宙のほかにも、前者を真実や求道心に、後者を智慧や涅槃にたとえる場合もあります。

全ての修行や道と名のつく実践・行為には、深い呼吸が必須とされているのは、空気の中に酸素やプラーナ(気・元気の元の宇宙エネルギー)があるからです。

人も5分、呼吸をしなければ死んでしまいます。

          ☆

個別性と普遍性も二つでありながら一つとして表現されます。

一人一人の独自性と同時に、全人類の、全宇宙の生きとし生けるもののすべてを土台として内部に持っています。

情報は、客観的事実と、情報発信者の意図である願いや人間性が含まれています。

無意識に選択している情報や表現内容はその人自身を表しています。


情報だけでなく、人間関係や環境もその人自身と言っても過言ではありません。

私達は、体験をしてみて、発信してみて、その事をフィードバックして学んで卒業して成熟していきます。

その事を選択した時と、体験した後とでは認識は違ってきます。

自分自身を含む、宇宙のすべては、時々刻々と変化し成長進化しています。

それで人は、生きているだけで宇宙の進化に貢献しているのです。

          ☆

ただ自我意識のエゴに心をつけている心の狭い未熟さは、普遍的な真理・真実が好きではありません。

誰もが持っている宇宙本体と一つにつながっている魂の中心では人生の目的を知っているのですが、動物肉体として母の胎に入る時に器に合わせて忘れるのです。

目の前で困っている人や川で溺れている人を見たりと、突発的な出来事や緊急の場面に出合うと、この忘れていた本心・良心が自然に発動して、思わぬ力を発揮して目ざめてゆきます。


子供の頃は、生まれた時代や環境に慣れ、成長する段階で自我に目覚め、使命・役割り・願いを思い出すために逆境としての体験をします。

例えば、貧乏や愛情不足の環境を通して、豊かさや愛情の大切さを痛感したり、過去世・前世での獲得形質である才能を磨き出す出会いの体験をします。



          ☆

男性の陽と女性の陰が協力することが出来れば、最高の仕事や環境が創造され人が育ちます。

色んな体験を通して、魂は目ざめて、自己内部の男性の性質と女性の性質は開花していきます。

最終的には、一人の人間の中で、陰陽の女性の性質の愛情と、男性の性質の主体性のバランスのとれた地球人として完結します。

ここまで来ると、生きることの楽しさや喜び、生存の意味が体感できて、外部は、この事実に気づくための貴重な道具に過ぎず、外部に依存して、騙されたり、利用されたり、翻弄されることは、成長のためのキッカケであったと知ります。

これからは、自己内部で完了し、この内部で完結した人間たちが作り出す世界が楽しみです!

         ☆  ☆

野ブドウとブルベリーは焼酎漬けです。
花友に送って頂いた15本の色んな種類のトマトがよく育って、トマト三昧です。
子供の頃はトマト大好きから、ミカン大好きに変わり、大人になってからはリンゴ大好きに変わり、今またトマト好きです。

野菜を育てるのは上手ではありませんが、近所で頂いた枝豆やキューリ、ナスやサトイモは、それなりに育っています。
無農薬で化学肥料は使わないのですが、落ち葉や草、木灰とEМのお蔭で虫はあまり寄って来ず、太陽と雨水に育ててもらっています。

『陰徳について!』

  • 2018.07.12 Thursday
  • 08:09

私は、仕事の生業の根底として、その人の探究心からの本気での質問には、その人が意識的に感じ取れていない潜在意識の中にある答えを、無心になって写し感じとって対話セミナーをしてきました。

問いを発する時には、同時に、その答えも一緒にあるからで、私の知らない、学んだことのない専門的な知識も感じ取ってお伝えすることが出来ます。

この新しい知識の対話体験の醍醐味は、冒険好きの私を仕事にのめりこませました。

これらの知識の積み重ねから、一つの事に精通して真髄(中心ポイント)を掴めば、全てに通じるのだと気づきました。

また、その人が求めておられる度合い、真剣さに応じて、答え!の度合いも決まってくるように思います。

この能力は不思議でも何でもなく、誰でも開発できるようで、私は沢野所長さんについて、行と仕事を通して磨き出させて頂きました。

私たち人間は意識的な存在なので、まず、本気で「仕事をして」集中力を高めて、肉体と思考をコントロールし⇒「瞑想」で心とつながり⇒「三昧状態」を極めて魂とつながります。

先人たちが体験を通して残してくれた聖典や古典などが、必死で探究・修行する私たちを導いてくれたように、この体験のプロセスを経験する人が増えることと、時代的にも、若い人を見ていると、仕事への無私の本気の取組みや深い人間関係の関わり、つながりを通して、意識は開発され、持って生まれた・宇宙本体・宇宙全体の知恵・叡智が、時代や新しい場において開花していくようです。

「徳ですね」
徳にも、悪徳(無知や自分本位やいじわる)と善徳(陰徳)があって、「善徳あれば陽報あり」と昔から云われていますように、損得や見返りを求めないで良心(魂)からの発露として、人知れず周りや時代の役に立っていれば、イザという時に、自らの道を照らす指針や直観として、また困った時には、天は声を発しませんが人を通して必ず助けられたりします。

宇宙摂理に間違いということはなく、また、私たち生きとし生けるものは、どんな困った時にも、必ず道は用意されていると感じています。

古い時代の因習にとどまっている人や地域の浄化は、「尊い犠牲の役割り」と心して、自らに油断は無いかと問い、心新たに自らの道を一つ一つ大切に、この奇跡のような地球人生を体験させて頂いています。

私は女性の体でありながら、男性の気性を持ち、日々の一つ一つの行動を、いつも新しい思いで、冒険の選択をして来たように思います!

それでか、男性だからとか、女性だからという性差を余り感じることはありません。

もちろん、若い頃には肉体本能の持てる楽しみや喜びは十分以上に!楽しませて頂きました。

いつも本気なので、後悔はありませんし、人の評価も余り気になりません。

人は誰でも、その人が体験したい事をしているだけだといつも思って見て、感じています。

体と心は一つ!

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 08:23
春爛漫ですね。 仕事部屋の下の湯河原駅前のソメイヨシノの大木が咲き乱れてきれいです。 去年は、駅前の工事の影響だったのか、見るのも無残な花姿でした。 湯河原町の街中でも、場所場所によって桜の開花時期が違っており、時代のエネルギー波動の変化を感じます。 人間も、生きとし生けるものは一緒で、地下の根や内面の心が痛むと、花や実、身体の調子は悪くなって教えてくれます。 目には見えない「原因」に気づいて元を養生すれば、また元気は回復します。 心と身体が別々に動いていると、現象化には時間差があるので治る・自然治癒能力の修復が信じられないことがあります。 見えないものを信じるには、まず自分自身を充分に愛して信じることが必要です。 空気の綺麗な所で、深く息を吸って腹式呼吸をすれば、心と身体は一つにつながります! 仕事用のマックがご機嫌ななめで、メカに強い助っ人さんは忙しい時期だし、これ幸いとガーデニングにいそしんでいます。 全国の花友さんのお蔭で、仕事部屋の越後姫のイチゴは甘く色ずき、野菜たちの芽もすくすくと伸びて春の訪れ、季節の変化を教えてくれています。 目には見えない新しい波動エネルギーに助けられながら、人間の成長進化の為のリズムとして、一見、愚かでマイナスに見える行為、現象も、今は急速に浄化され変化しています。 今日は「おはぎ」を作ったので、近所の人たちにも食べて頂きます。 何をしていても、油断なく集中して楽しませて頂きたいです!

【 才能を磨き出す! 】

  • 2017.10.27 Friday
  • 05:26
才能を磨き出す ためには!

まず 『一つマトを決める』と 決意をします
 
マトは 「自分むにとっての成長の意味一点」であり 
「いのちが喜ぶこと」「心底からの願い」です

いつでも どんな時でも 何をする時にも
「この一点のマトを中心にして 発想し」 
『実践をして 極めていきます』

          ☆

「最初にマトを決める」実践を やり続けること
で養われる 中心軸である『主体性の確立』は

「私は何のために 仕事をしているのか!」
「この人との出会いの意味は何か!」
「この課題や問題のポイント・真髄は何か!」
「私はなぜ 今ここにいるのか!」
「私はなぜ 地球に生まれてきたのか!」
「永遠の今ここを生きる!」などの
『根源的な問いと答えが浮上』してきて
「独自性の意味である」『直感・直観』が
働くようになります

生き方 物事の選択や取り組み方 価値観
や環境 出会いが 変化してきます

        ☆   ☆

一つのマトを決めて進み始めると 必ず途中で 

「私は 何でこんな事をしているのだろうか?」

と「やっている事の意味が分からなくなったり」
 
「飽きたり 虚しく感じられる時」が来ます


この「本気かの試しの時」を 乗り切る為には 

先を行っている先輩や 仲間たちの存在 

また 出発点でのマトは 自分にとって大きく

深く 普遍的・宇宙的であることが必要です

          ☆

右の精神性の 頭の知識に片寄ると 実際
に体験をするという「実行力のない弱さ」
「自からの意識感覚の未熟さ」に気がつかず

「癒し」とか 「ワクワク」とか 「菜食主義」や
「スビリチュアル」 「お金持ち」や「成功」など

一見もっともらしそうな 「時代的に ある意図を
持って作られた言葉」を 自分で何の吟味もしない
で鵜呑みにし 頭に入れて 自分自身をガードして
いると 外部に翻弄され踊らされる体質になります
 
          ☆

これら 結果にすぎない言葉や事柄を 目標にして
いると 物事は上手くいったり 失敗したりの
悪戦苦闘の体験を繰り返し 実践力が弱くなり

現実を逃避したり 世間が狭くなり 他者依存や
自分自身に自信が持てなくなり ますます頭デッカ
チの 外部に振り回され 支配され 

不平不満を
外部への批判や 弱い者いじめで紛らわす 主体性
のない 奴隷のような人生を 歩むことになります

            ☆

左の物質性の 目に見える結果の世界に執着すると 
お金や地位に心が奪われて 傲慢になります

どちらも大切な体験で シイソーゲームの様に左と
右を行ったり来たりして 中央にバランスします

       ☆  ☆  ☆

「自分は 何のために生まれてきたのか」という
『人生の意味や目的を知らない』のは「ゾンビ」
のような状態です

「無知で未熟な人を操って お金儲けの手段に使う
ことが 当り前だと考えている人たちの餌食になり」 
知らない内に 彼らの手先になっています

この原因は 自分の弱さや甘えを 正当化している
自分自身の無知さやエゴに気づいていないからです

        ☆   ☆

食べ物は お肉や魚 野菜や果物 子供の頃に食べ
ていて食べ慣れた味覚や 添加物入りの好きな食べ
物 世界中の美味や珍味 何でも食してみます

食事の回数や量も 朝・昼・晩・おやつ・夜食と 
色々と食べて試してみて 自分の心と体とが一番
落ち着く所に 着地すればいいのです

このプロセスでは 自分自身の中にある 肉体本能
や知識の片寄った思い込み 疑心暗鬼 不安などに
負けないで自分自身の直感を信じて実験・実践し 

人間存在の持つ 素晴らしい学習能力や順応性 
新しい発見 無限の可能性の偉大さを体験し 
楽しみながら成長・成熟していきます

          ☆

「体にいい物だから」「お肉を食べるのは残酷だ」
「時代のトレンドだから」「便利だから」と
 
次々と真実が発見される途中で 周りに影響されて
選択をしていると この反動として 

自然治癒能力や意識感覚(魂)の開発を遅らせて
かえって心身を弱らせます

そして「外部の情報や病院に頼るしかない体質」を 
作り上げてしまいます

人は 日進月歩 自らの体験を通して 成長進化を
遂げている存在だからです

        ☆   ☆

右に片寄ると 自分の意識の未熟さに原因があること
に気づかないで 「癒し・ワクワク・菜食主義」など 
どちらでもいい事や
 
体験を通してある意識感覚が開発されていないと感じ
取れない 洗練された意識感覚の言葉を 頭で知ると
粗雑な自我本能(エゴ)は 体得したと錯覚して満足し 
感覚マヒを起こして「頭でっかちのおバカさん」になり
ます
 
この大元の原因の在るところは 「変化を恐れ 勇気・
冒険心」の欠如 宇宙摂理の法則・道理への無知です

            ☆

「ワクワクしょうが クヨクヨしょうが」「うれしかろ
うが 悲しかろうが」「高揚しょうが 落ち込もうが」
「出来ようが 出来まいが」 

どちらでもいいと言うのは この二つは 実は一つの
成長リズムの両側面で 両方とも必要な感情・経験だ
からです

集中力や 体験からの智慧などの エネルギーの高低
純粋さ・不純さが原因のある処です
 
ですから 成長や喜び なすべき『一点のマトさえ忘れ
ていなければ』 それでいいのです!

            ☆

マトを一つに決めれば 93%の潜在意識がフル稼働をして
最高の情報を集め 必要な出会いを呼び寄せます

潜在意識というのは 他の仕事をしていても 眠ってい
ても 働いてくれています

また 潜在意識に溜まっていた 粗雑な感情が浮上して
来て浄化され 『新らしい選択のできる 今ここの目の
前を生きれる』 転換のチャンスの時でもあります

これらは 自分一人の孤独な 内部作業です

          ☆   ☆

自我意識は臆病なので 一人では何も言えず 考えられ
ず 行動ができないので 協力とは ほど遠い 
徒党を組んでつるんだり 「今のままでいい」「権利だ」
と 古いままの お互いを守ろうとします

これが 因習(習わし)や集団 常識の負の側面です
  
現代っ子が「注意されるのを恐れ嫌い」「内にこもったり」
「自己表現が苦手なのも」 現代社会や 教育のひずみの
一部であり 同時に 若者たちは 水面下では ちゃんと 
それぞれの魂に必要な 次への準備をしています

            ☆

時々刻々と変化している宇宙では 止まると問題や障害
災害や事故 事件が起きて 前に進めと教えてくれます

宇宙摂理の働きの一部である「天災」 地震や異常気象
は 因習の深い所で起きると言われている理由です

これらは 良い悪いや罰ではなく 私たちの意識も含め
て了解している 自然進化のリズムに過ぎません

         ☆  ☆  ☆

「もうここまでだと感じる限界」から 後一歩の前進
こそが ここからが 『本当の 人生の始まり』です

「もうこれ以上は出来ないよ」と 自我本能は色々と
いかにもの 「出来ない理由を考え」切々と訴えます

この自我意識(エゴ)を越え 転換する為にも 明確
なマトと 日々の予定を書く習慣 油断のない集中は
必須の条件です 

この一歩を踏み出す勇気が 自分自身を含む宇宙全体
への 最大の貢献になっています!

            ☆

「一歩を踏み出すためには」 いつも『自分にとって
の成長の意味を一つ見つけ』「なすべき願いなのか」
「喜びを感んじているのか」を 自分自身に問い

最終的には 『直感・直観』に従って 即実践・行動
に移る習慣を身につけていきます
 
後は 目の前の対象(人や行為)に誠心誠意で 最善を
尽すだけです

          ☆   ☆

『ストレスを感じるのは』 自分の意味で「本気」で
取り組んでいない時です

徹夜で何日も 仕事やゲーム(遊び)をする人は 
たくさんおられます

過労死をしたり 病気になる人と 見事に成果に結び
つけ 実力にする人との違いは 

「自分の喜びや 成長の意味を一点」を見つけて 
全身的に 仕事・テーマに取り組んでいるのか
 
それとも「人の意味や お金のために仕方なく」また
「気分を紛らわすため」にやっているのかの違いです

            ☆

自分の意味で取り組んだ時には 結果はどうであった
としても 自分自身が納得でき 信頼することができ

自分自身を ますます好きになっているものです

人間は意識とエネルギー 情報の存在です!

          ☆   ☆ 
         
自我意識(エゴ)は 「人生は 要領よく楽をし 何も
問題のない 平穏さが最高だ」と考え 追求します

本当の意味で 物事を心から楽しめ 充実した人生と
いうのは
 
自分の意味で 「本気」で実践ができる 意識次元に
心がある時です

          ☆   ☆ 
                  
肉体本能は 体験した経験のない事や 危機に対しては 
即不安や恐れの危険信号を発し ブレーキをかけます

「危機感」不安や恐れというのは 肉体を守るために
必要不可欠な 大切な本能の危機管理能力ですが
 
同時に 本気で取り組んでいるのかの「試し」でもあり
次へ成長していくために 今までの智慧をフル回転させ
 
負の不安や怖れを乗り越えるチャンスの時でもあります 
「魂が主人で 肉体が従者」だと云われている理由です

            ☆
           
目に見えない 心の想いが原因となって 結果として現象
化している現実の 物質界の二元世界は
目に見えない 自分自身の心を知る為のものです

そして 肉体を持って 新しい選択に挑戦できる 地球な
らではの 成長・進化体験ができるのです

今までの 常識や決まり事のワクを飛び出し 新しい体験
を通して 意識感覚の拡張をしていきます

20世紀までは 特に宗教や芸術 科学や知識などの 体験
を積んできました

21世紀の新しい時代は 世界での役割りや会社組織 社会
や家庭生活で 成長の役に立つ人間関係を構築し 
全体的に 幅広い 新しい体験を選択していきます

          ☆   ☆  
     
魂が目覚め始めて エネルギーが高まり 油断が少なくなっ
てくると 本能的な危機感を 本心の冒険心にかえ

危険を承知で 一歩を踏み出すしかないという状況を みず
からが引き寄せ 乗り越る勇気の体験をしていきます

           ☆ 
 
常日頃から いつも油断なく目の前の一点に集中し イザと
いうチャンスの時に備えて 準備をしておきます

この体質ができて来ると チャンスはどんな時も いつも
自分の目の前にあったと感じられる感覚になります

また意識が精妙になり 拡張するので 現在では既に必要と
しなくなった物や 無駄な事や考え方を捨てて 卒業する
体験をし 繊細さと強靭さが同居し 準備と決断を同時に
実践する 選択が起こります

           ☆
           
それは 自我意識だけが理屈をつけたり 条件をつけたり
して 目の前にある豊かさや真実 新しい道を感じとる
邪魔をして 見えなくしていただけだからです

「失敗をした」としても 「上手くいかなくても」 今ま
で「何が足りなくて 上手くいかなかったのかの 成長の
ヒントを教えてくれているだけだ」と気づき 改善をして
心は徐々に強くなり 魂の必然性に導びかれて行きます

           ☆ 

この冒険心という勇気が 今いまを 新しい視点で見れる
意識感覚が 「動物人間」から『宇宙的な人間』としての 
魂の目ざめの 第一歩であり 生きることの本質です!

宇宙本体の「宇宙本心」と一体になって 周りを助け 皆
に助けられながら 生かされて 生きていると実感できる
『真の 地球人の誕生です!!』

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM